スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本テレビのニュース番組を見て。

2008 11 13
今日は写真もありませんし、無駄に長い文章になると思います。

夕方からやっていた、日本テレビのニュース番組を見ました。
動物愛護センターの特集でした。
野良犬や野良猫が保護され、殺処分になるまでのドキュメントを
あまり重くなく放映されました。

あたしは正直、こういう番組はあまり見たくありません。
辛くて憂鬱で、必要以上に凹んでしまうから。
人間のエゴを突きつけられて、人間として生きていくのが恥ずかしくなるんですよ。

でも、今回大好きなブログで紹介されていたこともあり
心して見ました。

やっぱり凹みましたけど(爆)

野良猫に餌をやる人がいて、増えて困るから…と連れて来た人がいた。
これは…まだ理解できるんです。
この行動が「正しい」とは言えないけれど、でもまだ理解することができる。
自分の家の猫が子猫を産んだ、一匹で十分だからと連れて来た人がいた。
何故避妊手術をしないのか。
お金がもったいないから??不自然だから??
でも、それもまぁ、昔の考え方だと断罪することはできるけれど
避妊手術をしてもらう方向で説得すればいいと思う。

何故、飼って何ヶ月も経たない犬を
平気で「処分してください」とつれて来れるのか。
噛み癖を治すことができないからと、処分しに連れてくる飼い主。

自分の意志で飼ったんじゃないの??
なんで努力しないの??

ここまで来ると、本当に理解できないんですよ。

じゃあ、自分の子供がもの凄い暴れん坊だったら
夜泣きが酷くて、手に負えないような子だったら
その子も処分するんですか?と聞きたい。

おそらくは「人間と犬は違う」という答えが返ってくるでしょう。

何処が違うのか?と問いたい。

同じ命じゃないですか。
人間がそんなに偉いのか?
それで自分の子供には「命を大切にしろ」と育てるんでしょうか。

出てきた犬猫の殆どは、おそらくは雑種の子たちでしたが
今は、ブリーダーの放棄とか、そういう子たちも増えていると聞きます。
狭いところに閉じ込められ、どんどん子供を産まされ
ぼろぼろにされて捨てられる犬たちも多いと聞きます。

人間の歴史として、昔は自分の子供も売ったり殺したりしていた時代もあった。
今も、貧しい国では、日常的に行われていることです。
人間というのは、やはり残酷な生き物なのかもしれません。
弱い子供を放棄するのは、動物の本能として自然にあることですが
自分の子供を「売る」なんていうのは、人間しか考えない。
愚かな生き物です。

そういう血を色濃く継いだ人間が、動物たちにも同じことをさせるんでしょうか。

あたしは、だから「ブーム」という言葉が大嫌いです。
洋服や品物と、命を同列に考えて欲しくない。
ハスキーが流行れば、ハスキーばかり。
チワワやヨーキー、ミニチュアダックスにトイプードル。
ペットショップに売られている裏に、どれだけの犬たちが苦しんでいるか。

命を粗末に、物として扱う人間は
いつか必ず、自分も同じ目に合う。
簡単に捨てる人間は、自分も軽く扱われるような目に合うし
ろくな知識も持たず、お金儲けのために繁殖させようとする人間は
その知識不足に泣かされる目に合います。

あたしはそう信じています。

でも、それを信じて恨んでいるだけでは
何も解決しないのも事実。
自分にできることを探して、少しずつでもいいから行動に移したい。
そう思っています。
スポンサーサイト
Comment
No title
私はその番組を見ませんでしたが、みけさんと同感です。
とにかく先ず自分に出来ることを見つけて行動する。でないと何も始まりませんもんね。
現代の日本人は、快楽を享受することに長けてゆくばかりで、責任と義務にはそっぽ向き、守銭奴たちがそれを黙認して尻馬に乗っかっています。ま、日本人だけじゃありませんが、命ってもんがどんどん軽くなってゆきますね。
No title
みけさんに同感です。
私も心が痛くなるので、
この手の番組が苦手ですが、
やはり目を背けてはいけませんね。
自分にできることを考えなきゃですね。

ひどい話…
(世良くんちに寄ってから来ましたっ)
v-132 番組見ました。新車の下取り先くらいにしか考えていない「飼い」主。  見るに耐えません。
 処分というと、ゴミ処分くらいのイメージしか湧かないので、ちゃんと「9割方殺すことになりますよ。」って言った方がいいも…。
 それに、ガス処分機の中に「飼い」主は5分くらいいたほうが、殺すと言うことを実感するのではないかと思いました。
 衝動買いさせるペットショップの尻ぬぐいを行政が税金でさせられている気がします。

ののちゃんより
No title
私偶然その番組見ていたんですよ
そのとき少し早めの夕食を食べながら見ていたので
途中で気分が悪くなって食べられなくなりました
特に数ヵ月飼って犬を棄てにきたあのアホみたいな女には
石でもぶつけてやりたくなりましたよ
コメントありがとうございます♪
>はぶさん
今のあたしにできることは何なのか。
いつもそれを考えています。
ボランティアに参加する、小さくても何かに訴えていく。
そのくらいしか思い浮かびませんが
ボランティアというのは、時間もお金も必要ですから
正直、今のあたしには苦しいんですよ。
預かりをできる環境にもないし。
でも「ない、ない」ばかり言っていても始まらない。
少しずつでも準備を始めたいと思っています。

>ゼーリシさん
「見ないふり」をするのは簡単ですよね。
あたしもできることなら、そうしたい気持ちもあります。
いや、今まではそうしてきたのかもしれない。
だけど、立ち向かっている人たちがいるのに
そんな自分が恥ずかしいです。

>kitcatさん(ののちゃんさん)
命と物を同列に考えて欲しくないですねぇ。
人間と動物を同列に考えて欲しいです。
センターに持ち込む人たちに言いたい。
「自分の手でスイッチを押しなさい」って。
「そして、苦しんで死んでいった、最後の顔をちゃんと見なさい」って。
そう思うあたしは、残酷でしょうか。

>お館様
あたしも気分が悪くなりました。
足を踏ん張って、連れて行かれまいとする犬たち。
その姿を見ていて、何も感じないのか。
その場にいたら「犬の替わりにオマエが入れっ!」とでも
怒鳴りつけてやりたくなったかもしれません(爆)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。