スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の柄・猫の色。

2007 10 03
猫ってのは、ホントにいろんな色柄がある。
白、黒、白黒、グレー、三毛。
キジトラ、サバトラ、茶トラ、プラスそれぞれに白。
トゥーティー(サビ)とかブチとか、もう数え切れないほど。

今のうちの猫ズは、
ムーが…白地にグレー柄。なんと表現するのかわかんないけど(笑)
ムーは、結構きれいな色だと思うんですよ。

あとの二匹。
まずランマ。
茶トラというにはあまりにも薄い色だし、シマもはっきりしてない。
ので、うちでは
1561993_3062490990.jpg

…と呼んでます(笑)

これでも、大きくなって色は濃くなってきたんですよ。
子猫の頃は、もっと白っぽかったですから。

ランマのチャームポイントは、手足の先っぽ。
DSCF0612.jpg

DSCF0613.jpg

よく「くつした」とか「たび」とか言うじゃないですか。
それにはあまりに短すぎますが、
最近はくるぶし丈のソックスも流行ってるから
ま、先端を行ってるってことで(笑)

そしてマロ。
もちろんマロは黒白ちゃんですが
これまた、柄が左右対称じゃないんですよ。
DSCF0335.jpg

…わかりますかねぇ??
左手は、先っぽ意外は黒いんですが
右手は白い。
まるで、着物の片肌を脱いでるみたいで。
DSCF0501.jpg

…みたいな(笑)
「どこに桜吹雪があるんだよっ!」って突っ込みはなしで(笑)

おまけに
DSCF0487.jpg

…ズボンに穴開いてますよっ!お客さん(←誰)

別にむしったわけでも何かをつけてるわけでもありません。
丸ーく白いんですよねぇ……。
ついつい、指突っ込んでぐりぐりしたくなる(笑)

どういうDNAの働きなんでしょうねあ




ありがとうございます
↑参加してます。ポチッとお願いします。

banner.gif
↑こちらも是非。
スポンサーサイト
Comment
ほほう
ランマ君濃くなってこの色なんですね。薄くて綺麗だなって思ってたんです。しかも靴下付きか。いいなぁ。
マンチカンって香箱組むとどうなるんだろうってずっと思ってたのでスッキリしました(o>ω<o)
mike→らいたさん
ランマは姪っ子の友達が拾った子なんですが
最初、電話を貰ったときは「グレーっぽい子」って話でした。
そのくらい白っぽい子で。
もう一匹の子は、きれいな茶トラでした。
正直、こんなふうな色になるとは思いませんでした(笑)
みなさん誉めてくださるんですが、
あたしから見ると、どーも中途半端で(笑)

マロの香箱、もう少し小さい頃は
両足ともはみ出てました(笑)
「気持ちだけ香箱」って感じで。
ようやく片足だけでも入るようになった、というのが現状かも(笑)
あはは♪
遊び人の金さんならぬ
遊び人のマロさんですね(笑

ランマくん
揚げせんですか…(汗
でもホント一言で表現するのが難しい
変わった色ですよね。
同じような色の猫さんたちの中からでも
見つけやすいという利点があります。←ばか
mike→お館様
ですね(笑)
黒い顔から白いヒゲ…ってのも疑問です。
なんでだ??

ランマの色は…これまたヘンな色なんですよ~~。
ミルクティーのような…っていうと、あまりにキレイすぎるんで
揚げせんべいと呼んでます(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。